おそうじ しましょう ♪ −香り編−

いつまでも快適に、楽しく暮らすために ―― お掃除のプロ、綾部恵子さんのエッセー

aya6_5.jpg
花の香りほど、うっとりするものはありません。書斎に置いたヒヤシンスの鉢植えからほのかな香りがパソコン台まで流れてきたので、メールを打つ手を止めて少しの間ヒヤシンスの花を見つめていました。どこから来るのか植物の香りは神秘的で、時空を越えて不思議なゆったりとした感覚を呼び覚ましてくれます。





aya6_3.jpg
子供時代の「家」の思い出には両親の姿と共に「いいにおいの幸せなイメージ」がたくさん重なります。母が作る夕食、昼寝のとき縁側から入ってくる庭の草花たちと風のにおい、おやつに食べたスイカ、菖蒲湯、ふかふかの布団のにおい、みんな懐かしい子供のころのスイートホームの原点です。

お掃除の仕上げはやはり香りです。室内に湿気やカビのにおいがしていませんか?なんとなくほこりっぽいにおいが残っていませんか?ペットのにおいは大丈夫でしょうか?

aya6_2.jpg
現代の住まいは気密性が高く、住宅機器の進歩はめざましく、空調設備も完備されていますが、自然換気の大切さに変わりはありません。古くから日本で行われてきた「自然の風を通す暮らし方」にはたくさんよい点があります。風が通る住まいは季節感を運び、私たちのそして子供たちの感性を豊かにしてくれます。

窓を開けて、隅々まで風を通してお掃除をしたあとのわが家に香りのアクセントを工夫してみませんか。私は時々バケツの水に2,3滴の香水を(頂いて使わなかったり、少し古くなったりしたものですが)たらしてタオルを絞って窓ガラスを拭いたり、エアコンの吹き出し口や壁に掛けた好きな絵の額の後ろにハーブのエッセンシャルオイルを含ませた綿をしのばせたりします。



aya6_4.jpg
ベランダで何種類かのハーブを育てていますが、窓を開けた時、洗濯物を干している時などのふとした拍子に香りに包まれると、あっ、いいにおい、と嬉しくなります。特にローズゼラニウムやレモンバーベナ、ローズマリーの香りが好きで傍にあると気分がリフレッシュするので葉っぱを手で揉んで香りを嗅いだり、お茶にしたり、料理の香り付けに加えたり、お風呂に浮かべたり、コップに挿して楽しんでいます。それから母がいつもしていたように季節の果物を盛り篭にしてテーブルに置いたり、庭で摘んだ花や散歩で見つけた草花で部屋を飾ったり、美味しい料理のにおいで部屋を満たすなどなど…みなさまもそれぞれの方法で楽しいスイートホームの実現を!

aya6_1.jpg
ベランダのレモンバーベナ(左)とローズゼラニウム(右)
レモンバーベナは
夏に白に近い淡桃色の小さな花が咲きます。
株元はゴールデンセージです。
ローズゼラニウムは
5〜9月頃ピンク色の花がたくさん咲きます。

マイホームお役立ち情報


ページ先頭へ戻る
会社概要サイトマッププライバシー・ポリシー
Powerd by Sun-you Communications Inc.

「家なら2x4net」は、カナダ林産業審議会およびタイベックの協賛で運営されています。

このサイトについてのお問い合わせは、こちらから(*お電話でもどうぞ!)家なら2x4net事務局(株)サンク 045-910-1830

Copyright (c) 2004- 2x4net, all rights reserved.