2X4(ツーバイフォー)のちょっとした誤解? ―― 木造住宅だから火に弱い?

木造住宅だから火に弱い?
住宅火災は、床下・壁内部のすき間・天井裏などの空気の流れのあるところに火が拡がって拡大するといわれています。しかし、2X4工法は、床・壁自体が面材に囲まれているため、火や煙が他にまわりにくいのに加え、床や壁などの基本構造木材がファイヤーストップ材となり空気の流れを遮断し、火の拡大を抑えます。また、一定間隔で組み込まれている床根太・枠組材など、床や壁の内部の構造は、防火区画が幾重にもつくられているようなものなので、火の拡大はさらに遅くなります。

また、2X4工法は、石こうボードを天井や壁の内側に貼ります。この石こうボードには約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると約25分間水蒸気を放出して、構造材が発火点(約450度)に達する時間を遅らせます。また、床・壁の内部に埋め込まれた断熱材も火災時の熱を構造材に伝わりにくくし、石こうボードとともに木材の発火を遅らせます。
>> 火事のあった2X4住宅の状況報告

<ファイヤーストップ構造>

010.gif
(協力:アルス1級建築士事務所)

関連記事;2x4工法 耐震性・耐火性

マイホームお役立ち情報


ページ先頭へ戻る
会社概要サイトマッププライバシー・ポリシー
Powerd by Sun-you Communications Inc.

「家なら2x4net」は、カナダ林産業審議会およびタイベックの協賛で運営されています。

このサイトについてのお問い合わせは、こちらから(*お電話でもどうぞ!)家なら2x4net事務局(株)サンク 045-910-1830

Copyright (c) 2004- 2x4net, all rights reserved.