こがようこ お家エッセイ − Vol. 2 大切なのは、どんなふうに住むか!・・・ってこと

Vol2.jpg結婚して初めに住んだのは、イリノイ州にある田舎町です。4年間という限定つき。小さなアパートメントでの慎ましい生活でした。
あるときね、同じアパートメントに日本女性を発見しました。わたしよりずっと年上なのに、ずっとチャーミング。お人形さんみたいな女の子と、10才年下のだんなさまとの三人家族。毎日を楽しんでいる女性でした。
その彼女が、初めてわが家を見て叫んだのが、
「まあ、殺風景な家ねぇ」です。…失敬でしょ!?
どうせ仮の住まいだし、いつかはね、と言い訳するわたしに、彼女は真顔で言いましたね。
「えぇ!?どこに住むかじゃなくて、どんなふうに住むか、・・・でしょ?」
後日伺った彼女の家は、同じ間取りなのにステキでしたよ。品があるのだけれど、置物やクッションがかわいくて、彼女自身の楽しみ方、生き方が伝わってくる家でした。・・・家ってそういうものなのですね。
いつかはね、ほんとはね、って言った自分のことが、恥ずかしかった。
・・・それから現在に至るまで、彼女の声がわたしの中に生きています。どんなフウに住みたいの?どんな自分でありたいの?ときどき自分に問いかけます。
今ある暮らし方が、今ある自分そのもの。だから、今できることで今を楽しむ・・・、そんなふうに考えるようになりました。


こがようこ

マイホームお役立ち情報


ページ先頭へ戻る
会社概要サイトマッププライバシー・ポリシー
Powerd by Sun-you Communications Inc.

「家なら2x4net」は、カナダ林産業審議会およびタイベックの協賛で運営されています。

このサイトについてのお問い合わせは、こちらから(*お電話でもどうぞ!)家なら2x4net事務局(株)サンク 045-910-1830

Copyright (c) 2004- 2x4net, all rights reserved.