こがようこ お家エッセイ − Vol. 5 「ちょいと見せて」っておばちゃんが来た!

koga20080809.jpg

子どもたちが小さかったころは、社宅住まいでした。マンションを借り上げたもので、築20年はたっていたかな。でね、引っ越して二日目の夕方、上の上の階に住んでるおばちゃんが突然たずねて来たのです。
「ちょいと部屋見せて。大きなテーブルがあるって聞いたんだけど」
「へっ?」と声あげる間もなく、おばちゃんは、家にあがってきましたね。
今だったら、大騒ぎになってしまいそうな出来事だけれど、ほんの十数年前までは、こんなことがあったのです。このおばちゃんのお茶目で愉快な性格に免じて(?)許してあげちゃった。・・・楽しい思い出です。
思い起こせば社宅時代は、いつも他人様が、出たり入ったりしていました。お茶を飲んだり、お食事したり・・・、呼んで呼ばれて、人が行き来。
すると、不思議なことに、風の通りもよくなるのですね。家自体が生き生きと、今日も元気でいきましょ!って張り切ってくれる。・・・築20年でも。
いっぽう現在の家は、友人たちが遊びにきても、気持ちよくご飯が食べれるようにって、お山の景色をごちそうに!建てた家です。
それなのに、ここ数年、他所様の出入りがあんまりないですね。
子育ても一段落して、それぞれに仕事も忙しく、外で会ってお酒を飲む機会の方が、グッと増えちゃったのです。
すると、家もちょいとかしこまってきて、たまに誰か来てくれると、『およそゆき』の顔になっちゃったりする。・・・いけませんねぇ。反省しなくちゃ。
家っていうのは、もちろん家族ありき。家族の生活の場所なんだけれど、でも、人の通りや、風の通りがあって、初めて家らしくなるような気がします。いろんな人のぬくもりや、話し声や、手垢なんかもちゃんと吸収して、呼吸しているのだと思います。
たまにはおいしいものを作って、お友だちを呼びましょう。家も喜んでくれるでしょう。気の置けないあの顔、この顔・・・浮かびます。

 

こがようこ

マイホームお役立ち情報


ページ先頭へ戻る
会社概要サイトマッププライバシー・ポリシー
Powerd by Sun-you Communications Inc.

「家なら2x4net」は、カナダ林産業審議会およびタイベックの協賛で運営されています。

このサイトについてのお問い合わせは、こちらから(*お電話でもどうぞ!)家なら2x4net事務局(株)サンク 045-910-1830

Copyright (c) 2004- 2x4net, all rights reserved.